« 6月10日の練習 | トップページ | 西武台戦 »

2010年6月11日 (金)

プライドでリベンジせよ。FC西武台戦プレビュー

31652765_3444299150 今年の県リーグ開幕戦の相手がFC西武台だった。

この試合、前半は終始アヴェントゥーラがポゼッションを支配するも、カウンターで先制点を与えてしまうと言う展開に。

しかし、すぐさま追いつき、後半頭にすぐ逆転する。

アヴェントゥーラの流れを掴みかけた時だった。

度重なるファールで退場者を二人出し、あっという間に追いつかれて逆転されて敗戦を喫した。

この試合で、一番悔しい思いをしていたのが背番号10の内田選手だ。

出場停止で自分が出れなかった試合で負けたと言う事は言いようの無い悔しさだったと言う。

今回は試合環境も変わり、選手もベストの状態で臨む事が出来るだろう。

西武台は低い位置でボールを回し、前線の選手が常にDFの裏を狙っている。

そこへ一本の大きな縦パスを入れてくるパターンが多い。

ディフェンスは、ラインコントロールが勝負の決め手になるだろう。

そして、西武台の選手達は、ファールを貰う事がとても上手い。

そこは一番気をつけなければならない所だ。

逆にDFの面では細かく、早いパスワークに翻弄されると言う特徴がある。

そこをいかに突けるかが得点の鍵となるだろう。

そして、開幕戦では菊池選手のゴールや金子選手等、高さではアヴェントゥーラの方が上回っている。

内田選手と同じく、出場停止で開幕戦に出れなかった、山口選手のFKやCK等のセットプレーからの得点も期待される。

しかし、これまで前期に勝ち点を順調に積み上げ、現在2位と好調の西武台相手に一筋縄ではいかないだろう。

とにかく、同じ相手に二度も負ける事は選手達のプライドが許さない。

お互いのプライドとプライドが熱くぶつかりあう、ゲームは後期一発目にして最大の山場だ。

|

« 6月10日の練習 | トップページ | 西武台戦 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366830/35193991

この記事へのトラックバック一覧です: プライドでリベンジせよ。FC西武台戦プレビュー:

« 6月10日の練習 | トップページ | 西武台戦 »