« 西武台戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント »

2010年6月22日 (火)

セボジータス戦

Dsc_1837先日、県リーグ第11節セボジータス戦が、埼玉スタジアム2002公園第四グラウンドで行なわれました。

現在破竹の6連勝中とあって、この波に乗ってリーグ中断を迎えたい所。

でしたが、結果は1−4の大敗でした。

この日は、スタメンを若干変えスタートします。

しかし「試合の入り方が悪くて、全てが後手にまわってしまった。」と藤田選手が言うように、立ち上がりから守備も、攻撃もリズムを掴めません。

結局、ボランチでスタートした内田選手も、前半途中でCBに戻りますが、それでも狂ったリズムを取り戻すまでには行きませんでした。

「守備の意識が無さ過ぎた試合。」と内田選手が語る様に、全て守備からリズムが狂ったゲームでした。

まずはしっかりとした組織的な守備。

今まで、大量得点で勝っていた所の奢りが多少あったのかもしれません。

前半、2点を奪われて折り返します。

Dsc_2121 そして、後半塚本選手が得点し1−2の所でサポーターの後押しもあって、雰囲気が一変します。

前がかりになり、いつ得点をしてもおかしくない状況で、カウンターを喰らいまた突き放されてしまいます。

「簡単にカウンターをやらせてしまった、あの状況でDF2人で対応させてしまったのは考えなきゃいけない。」と飯沼選手。

この一点が勝負の分かれ目になってしまいました。

その後も諦めずにゴールを目指しますが、同じ様にカウンターを喰らい、4失点。

中断前に勝ちで終える事が出来ませんでした。

しかし、これまで積み重ねて来たものは失ってません。

また切り替えて、今回を教訓にし、練習を重ねて中断後頑張りたいと思いますのでご声援よろしくお願いいたします。

Dsc_2158 そして、この日はとても暑い中、多くの方々に「川口頑張れ!」とご声援を頂きました。

選手にとって、皆さんの声援は、プレーするエネルギーに変わります。

皆様の、熱い叱咤激励を胸に刻みつつ、次は良い勝利をお届けしたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします!

次節は月をまたいで、8月になります。

その間、練習試合等決まりましたらお知らせ致します。

県リーグ第11節

セボジータス 4-1 アヴェントゥーラ川口

ゴール

塚本浩史

次節

8月1日 東松山リコー埼玉県サッカー協会専用グラウンド 12:00キックオフ

vs 与野八王子クラブ

|

« 西武台戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366830/35407155

この記事へのトラックバック一覧です: セボジータス戦:

« 西武台戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント »