« セボジータス戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント2 »

2010年6月25日 (金)

セボジータス戦選手のコメント

Dsc_182110 内田 剛 選手
負ける時は、負ける。そんな試合だった。
という事は、年間通じて安定してまだ、戦えてない事も改めて分かった試合だった。
また、暑い時期になり、各選手のコンディションがバラバラであり、今後各自のコンディション調整も課題となった。
また、今回の試合に関して は、前半が全てだった。
勝ちたい以前よりも、チグハグして、自分もボランチスタートだったが、いつものCBに早々戻る事になり、厳しい試合展開であった。
中断期間で7連勝で終わりたかったのが、非常に残念。
中断期間に、再度コンディションを整えて、8月 1日にぶつけたい。


Dsc_1891 5 阿部 実智信 選手
勝ちたかった。相手がどうこうの話ではないところの問題。
もう一度、闘う気持ちをリセットして、夏場のフィジカル強化から臨みます。







Dsc_1975 14 山口 恭平 選手
6連勝で、きてたので勝ちたかったが、立ち上がりから相手のサッカーに慌ててしまっていた。
セボジータスのように、簡単に長いボールを蹴ってるくるチームに対しての守備、バランスを崩さず、しっかり守ってくるチームに、どう攻めるのかが今後のチームの課題になると思う。
個人としてはもっと球際や競り合いで激しくいきボールを奪うこと、トラップ、パス、シュートすべての質を高めることが今後の課題。

|

« セボジータス戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント2 »

選手より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366830/35479823

この記事へのトラックバック一覧です: セボジータス戦選手のコメント:

« セボジータス戦 | トップページ | セボジータス戦選手のコメント2 »