« 練習試合のお知らせ | トップページ | 与野八王子クラブ戦 »

2010年7月26日 (月)

練習試合 埼玉大学戦

Dsc_2710_2 先日、25日に埼玉大学グラウンドで、埼玉大学さんと練習試合を行ないました。

同じ位の時刻で女子フットサルチームの試合があり、暑い中ご来場くださったサポーターの方々には感謝申し上げます。

試合は10時キックオフと、一日の最高気温の時間帯を避けるも、30℃を軽く超える灼熱の暑さ。

日向にいるだけで汗が滝の様に流れてきます。

そんな中行なわれた練習試合。

40分を3本と、まさにこの時期力を入れているフィジカル強化そのものでした。

しかも相手はスタミナのある大学生。

そして人数も多く、本数毎にフレッシュな選手に入れ替わると言うアヴェントゥーラには過酷な中での試合でした。

Dsc_2761_2 まず、一本目。

まず、埼玉大学が仕掛けてきます。

それをなんとか防いでましたが、ミスで奪われたボールを崩されて先制されます。

しかしその直後、山口選手の一本の縦パスに床井選手が抜け出し、GKをかわしてゴール。

早々と同点に追いつきます。

一本目はこれで終了。

Dsc_2837 ピッチから引き上げてくる選手達はもう汗、汗、汗。

ユニフォームの中に着るインナーは、絞ると濡れぞうきんの様に、絞れてしまいます。

そんな中、集中を切らさずに選手間、監督との確認は怠りません。

さまざな確認をして、二本目へ。

Dsc_2906 二本目は、相手も選手を入れ替えてきます。

そんな中、前半よりも前がかりに行きます。

ところが、二失点と得点を許してしまいます。

そんな中でも、またもや床井選手が、DFの裏を取り、GKとの一対一を落ち着いてループシュートで決めて一点を返します。

この二本目の終盤から、選手達も疲れが見えて、集中力も切れてきました。

なんとか二本目を乗り切ります。

Dsc_2910 二本目終了後はさすがの選手達も疲労は見て取れます。

身体を冷やす為に、頸動脈に氷をあてたり、水をかけたりと、とにかく熱を逃がす事を重点的にやってました。

そんな中でも、何故失点したのか、なぜ集中力が切れてしまうのか、疲れるのかの確認をして三本目へ向かいます。

そして、この日先発したGK出口選手がMFに入って床井選手がOUT、GKに筒井選手が入ります。

Dsc_2963 三本目、やはり相手も選手を入れ替えてきます。

二本目の反省としてDFの「ラインコントロール」を集中して、落ち着いたゲーム運びになりました。

ディフェンスから入るそんな中、飯沼主将が、左サイドからドリブルで切り込み、そのままシュート。

これが決まり、三本目先制します。

その後は、しっかりとしたディフェンスを重点に置いて試合を運び、無失点で三本目を終える事が出来ました。

あれだけの猛暑の中、スタミナのある大学生相手に「三本目を無失点に抑える事が出来たのは大きい。」と内田選手。

来週の与野八王子クラブ戦に向けて自信を覗かせていました。

「今日暑い中たくさん走ったので、来週コンディションはバッチリです。」と阿部選手。

この日はCBとしてプレーしましたが、隙を見ては前に駆け上がる姿を沢山見ました。

来週は中断期間中の唯一の県リーグ戦です。

皆様のご来場お待ちしております。

また、東松山リコー埼玉県サッカー協会専用サッカー場は、屋根が一切ありません。

当日も、とても暑くなる事が予想されますので、熱中症対策をしてお越し下さいますようお願いいたします。

練習試合 7月25日 埼玉大学グラウンド

vs 埼玉大学

一本目 アヴェントゥーラ川口 1-1 埼玉大学 

得点 床井伸太郎

二本目 アヴェントゥーラ川口 1-2 埼玉大学

得点 床井伸太郎

三本目 アヴェントゥーラ川口 1-0 埼玉大学

得点 飯沼洋介

合計 3-3

NEXT GAME

県リーグ第12節

12:00キックオフ

埼玉県サッカー協会専用サッカー場

vs 与野八王子クラブ

|

« 練習試合のお知らせ | トップページ | 与野八王子クラブ戦 »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366830/35909215

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 埼玉大学戦:

« 練習試合のお知らせ | トップページ | 与野八王子クラブ戦 »