試合結果

2010年10月 7日 (木)

戦いは終わるのか?パイオニア川越戦 マッチレポート

まずは、更新を怠っていた事にお詫び申し上げます。

このサイトが立ち上がった理由の一つに、オフィシャルのHPにプレッシャーをかけると言う事で選手達協力の元立ち上げました。

その効果もあってか、徐々にではあるが、オフィシャルHPも更新されるようになったため、このサイトの意味合いと、ポジションに多少頭を悩ませていました。

選手達とと言う事は変わらず、これからはファンサイトとして、アヴェントゥーラ川口を中心に、情報、報道サイトとしてやっていきたいと思います。

アヴェントゥーラ川口版のJ's GOALと思って頂ければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

「戦いは終わってしまうのか?」この言葉にぴったりの試合だった。

県リーグの最終戦であるこの試合、様々な思惑が混じり合う試合となる。

試合は、ノーガードで打ち合う激しいゴールの奪い合いになった。

前期で対戦した時は、アヴェントゥーラ川口が勝利。

その時とはまったく違う表情を見せた。

開始直後はお互いにゴール前に迫るも、決めきれずに時間が流れる。

しかし、19分にアヴェントゥーラ川口のミスからパイオニア川越が先制をすると、そこから試合が大きく動き出す。

その直後にCKから、内田選手のヘッドで追いつき、一分後には飯沼選手が切り込んでそのままドカンと決め逆転する。

ここでお互いのプライドを掛けたノーガードの激しい打ち合いになった。

パイオニア川越も決定的な場面を多く作るも決めきれない状態が続いた中、この試合で出場3試合目で経験の少ないGK出口選手の判断ミスが続き、逆転を許して前半を終える。

もちろん、出口選手だけ責める事は出来ない。

元々DF同士や、サイドの縦のライン等の「声掛け」が不足している状態のなか、こういった事も大きな要因と言える。

そして経験を積まなければならないGKと言うポジションで、こういった試合経験も不可欠である。

後半も打ち合いとなった。

アヴェントゥーラが追いつけば、パイオニア川越も突き放すと言う展開の中、大きく動いたのは相手にPKを与えてしまった事。

結果としてこれが勝負を分ける得点になってしまう。

はじめは主審もPAの外を指を指していた物の、本部と副審の指摘でPKとなってしまった。

こういった微妙な判定で泣いた試合を今年は何度も見てきた。

もちろん、審判も人間であり、全てが正確と言うわけではない。

ましてや、プロを裁く審判でもない。

これを一つ一つ言い訳にしては選手として、チームとして成長はないのである。

結果として、5-6で負けてしまった。

試合後「今年のチーム状況を象徴する試合だった」と田中監督。

個のレベルの高さを生かしたどこからでも点を奪える攻撃力の裏に、本職CBのいない諸刃のDF陣。

この課題を克服出来ないまま今シーズンは終わってしまった。

これでリーグ7位が確定。

もし、勝ち点-15が無ければ現在4位と関東社会人サッカー大会に出場出来る順位だ。

しかし、最終節が休みのアヴェントゥーラ。

この最終節でセボジータスが、坂戸シティーに勝利すると、-15が無くても5位となり、関東社会人には出場出来ないと言う結果になる。

これでは埼玉県社会人連盟の制裁がどうとかと言う事は言えないのである。

しかし、勝敗だけ見れば近年では一番の成績であり、このモチベーションの中で良く戦ったと評価したい。

そして、この7位と言う順位もまた微妙だ。

本来ならば、二部リーグAブロックBブロックの2位同士の勝者との入れ替え戦になるのだが、来年関東二部からホンダルミノッソ狭山が降格してくる為か、こういった事が全く決まっていない。

試合後、連盟の方が「来年8チームになるかもしれないから、自動降格もあるかもしれない。多分入れ替え戦だと思うけど。」

と色んな含みを持たせた言葉があった。

連盟の名誉を掛けて早く決めてもらいたいものだ。

今後どうなるのか、今年から、来年への戦いは続くのか。

全ては今月中にハッキリするだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

与野八王子クラブ戦

Dsc_3126_3 先日、東松山リコーにて、県リーグ与野八王子クラブ戦が行なわれました。

8月はこの試合のみ、目下のライバルなので、絶対に勝ちたい所でしたが、結果は1-6の大敗でした。

30℃を超え、終了時には熱中症の症状が出る選手もいる程の暑い中での試合。

しかし、この条件は相手も同じです。


Dsc_3156_2 この日のスタメンは、10番の内田選手が、怪我の為大事をとって外れます。

前半はポゼッションは上回るのですが、なかなかゴールに結びつきません。

前半も終わりに近づいた33分。

ちょっとしたミスで先制されてしまいます。

そこで落ち着く事が出来ずに、終了間際にPKを献上してしまい、早くも二失点で前半を終えてしまいます。

Dsc_3297_2 この日は監督が不在の為、ハーフタイムに内田選手を中心に様々な修正を計ります。

後半どうしたいのか、どうするべきなのか、前半の反省はなんなのか等様々な事を話し合い、後半へと向かいます。





Dsc_3348_2 後半、早く一点を返したいアヴェントゥーラ。

しかし、それに反して後半開始早々と失点してしまいます。

今思えばこの時点で勝負は決まってしまいました。

その後は集中も散漫になり、あれよあれよと後半だけで四失点。

急遽内田選手も無理を押して出場し、金子選手が一点返し、一矢報いますがこのまま試合は終了してしまいました。

Dsc_3267_2 「後半、一点取り返そうとしている中で、あの時間帯での三失点目はメンタル的にキツイ。」と藤田選手。

サッカーでは試合での三点目がどちらかになるかで流れが決まって来ると言っても過言ではありません。

三失点目はまさに勝負の分かれ目でした。

「皆の思いがバラバラ。アップの時点で危ないと思った。」と飯沼主将。

今、関東社会人も目指す事が出来ない中で、勝ち点-15と言う厳しい中で、降格をしない戦いが続いています。

その中での目標が、選手それぞれ失いつつあるのが現状です。

Dsc_3282_2 「練習場も確保できずに、ボールを使って練習も出来ない、試合には来ました、それでも勝とうなんて選手個々の能力がいくら高いとは言っても、そんな都合の良い話はない。」と内田選手も言う様に、この中断期間、普段利用している、川口北高校のグラウンドが工事の為、選手個人でのフィジカルトレーニングはしてきましたが、ボールを使った練習はほとんど出来ませんでした。

実戦的な事は越谷FCさん、埼玉大学さんとの練習試合のみでした。

メンタル的な問題、練習が出来ないと言う現実、この状態で勝てる程県リーグも甘くはありません。

それでも、次の試合は来月すぐ来ます。

来週からは川口北高校のグラウンドも利用出来る様になります。

こういった練習や試合以外、普段のコミニュケーションからもう一度見直して次節の坂戸シティー戦に挑みたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。

8月1日 県リーグ第12節
アヴェントゥーラ川口 1-6 与野八王子クラブ

得点者
金子靖士

次節 2010年埼玉県社会人一部リーグ
第13節
坂戸シティーFC vs アヴェントゥーラ川口
14:00キックオフ
会場 嵐山町総合運動公園(らんざんまちそうごううんどうこうえん)
住所 埼玉県比企郡嵐山町大字鎌形855
最寄駅 東武東上線「武蔵嵐山」駅 徒歩30分
駐車場 あり
嵐山町教育委員会B&G海洋センター内にあります、クレー(土)ピッチの多目的グラウンドです。

より大きな地図で Aventura Kawaguchi Pasion sitio を表示




駐車場はございますが、関係者が優先的に使用出来る様、なるべく公共機関でのご来場をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

練習試合 埼玉大学戦

Dsc_2710_2 先日、25日に埼玉大学グラウンドで、埼玉大学さんと練習試合を行ないました。

同じ位の時刻で女子フットサルチームの試合があり、暑い中ご来場くださったサポーターの方々には感謝申し上げます。

試合は10時キックオフと、一日の最高気温の時間帯を避けるも、30℃を軽く超える灼熱の暑さ。

日向にいるだけで汗が滝の様に流れてきます。

そんな中行なわれた練習試合。

40分を3本と、まさにこの時期力を入れているフィジカル強化そのものでした。

しかも相手はスタミナのある大学生。

そして人数も多く、本数毎にフレッシュな選手に入れ替わると言うアヴェントゥーラには過酷な中での試合でした。

Dsc_2761_2 まず、一本目。

まず、埼玉大学が仕掛けてきます。

それをなんとか防いでましたが、ミスで奪われたボールを崩されて先制されます。

しかしその直後、山口選手の一本の縦パスに床井選手が抜け出し、GKをかわしてゴール。

早々と同点に追いつきます。

一本目はこれで終了。

Dsc_2837 ピッチから引き上げてくる選手達はもう汗、汗、汗。

ユニフォームの中に着るインナーは、絞ると濡れぞうきんの様に、絞れてしまいます。

そんな中、集中を切らさずに選手間、監督との確認は怠りません。

さまざな確認をして、二本目へ。

Dsc_2906 二本目は、相手も選手を入れ替えてきます。

そんな中、前半よりも前がかりに行きます。

ところが、二失点と得点を許してしまいます。

そんな中でも、またもや床井選手が、DFの裏を取り、GKとの一対一を落ち着いてループシュートで決めて一点を返します。

この二本目の終盤から、選手達も疲れが見えて、集中力も切れてきました。

なんとか二本目を乗り切ります。

Dsc_2910 二本目終了後はさすがの選手達も疲労は見て取れます。

身体を冷やす為に、頸動脈に氷をあてたり、水をかけたりと、とにかく熱を逃がす事を重点的にやってました。

そんな中でも、何故失点したのか、なぜ集中力が切れてしまうのか、疲れるのかの確認をして三本目へ向かいます。

そして、この日先発したGK出口選手がMFに入って床井選手がOUT、GKに筒井選手が入ります。

Dsc_2963 三本目、やはり相手も選手を入れ替えてきます。

二本目の反省としてDFの「ラインコントロール」を集中して、落ち着いたゲーム運びになりました。

ディフェンスから入るそんな中、飯沼主将が、左サイドからドリブルで切り込み、そのままシュート。

これが決まり、三本目先制します。

その後は、しっかりとしたディフェンスを重点に置いて試合を運び、無失点で三本目を終える事が出来ました。

あれだけの猛暑の中、スタミナのある大学生相手に「三本目を無失点に抑える事が出来たのは大きい。」と内田選手。

来週の与野八王子クラブ戦に向けて自信を覗かせていました。

「今日暑い中たくさん走ったので、来週コンディションはバッチリです。」と阿部選手。

この日はCBとしてプレーしましたが、隙を見ては前に駆け上がる姿を沢山見ました。

来週は中断期間中の唯一の県リーグ戦です。

皆様のご来場お待ちしております。

また、東松山リコー埼玉県サッカー協会専用サッカー場は、屋根が一切ありません。

当日も、とても暑くなる事が予想されますので、熱中症対策をしてお越し下さいますようお願いいたします。

練習試合 7月25日 埼玉大学グラウンド

vs 埼玉大学

一本目 アヴェントゥーラ川口 1-1 埼玉大学 

得点 床井伸太郎

二本目 アヴェントゥーラ川口 1-2 埼玉大学

得点 床井伸太郎

三本目 アヴェントゥーラ川口 1-0 埼玉大学

得点 飯沼洋介

合計 3-3

NEXT GAME

県リーグ第12節

12:00キックオフ

埼玉県サッカー協会専用サッカー場

vs 与野八王子クラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

練習試合 越谷FC戦

Dsc_2183日曜日、越谷FCさんと練習試合を行ないました。

前日、埼玉栄高校さんとの練習試合が前日の雨によりグラウンドコンディションが悪かった為に中止となりました。

心配されていた天気はなんとか持ち、試合をさせてただきました。

相手は越谷FCさん。

今年は県2部ですが、去年は県1部、そして、直前まで全国社会人の関東予選にも出場、そして天皇杯埼玉県予選も控えていると言う、絶好の相手です。

Dsc_2198 しかし、この日のアヴェントゥーラは人数が揃わず、試合は9人でスタートします。

11人対9人ではなかなかサッカーにはなりません。

しかし、前がかりになった相手にカウンターを仕掛けます。

カウンターから相手DFの裏を取りキーパーと一対一になった塚本選手がきっちり決め先制します。

しかしこの後、一方的に攻め込まれます。

先制してすぐ一点を返され、数分後にも失点し、逆転されます。

しかし、ここから前半はしっかりと守り2-1のビハインドで前半を折り返します。

Dsc_2313 後半は阿部選手が到着し、10人になります。

一人増えると試合も落ち着き、得点のチャンスを多く作る事が出来ました。

しかし、なかなか得点を決める事が出来ません。

すると、越谷FCに追加点を許してしまいます。

その後、なんとか一点を取り返しますが、このまま2-3で終了しました。

後半、一人増えるものの、数的不利は変わらず、攻め込まれる場面は多かったですが、相手GKと一対一になる場面も多々あり、そこを決めきれなかったのが敗戦につながったと思います。

「さすがに、疲れた」と内田選手。

この日はボランチでプレーしましたが、攻撃に守備に走り回りました。

「10人だったけど、自分が決めてれば勝てたゲームだけに悔しい。」と塚本選手。

やはり、塚本選手のスピードは相手にとっては脅威。

この日も二得点。

強引に止められたり、ファールをもらったりと、相手のマークはこの日も厳しいものでした。

そんな中でも、カウンターからDFの裏を取り、GKと一対一になる場面を数えきれない程作りましたが、決めきる事が出来ずに悔しい表情を浮かべてました。

しかし、数的不利の中ここまでやれた事は自信になったと思います。

中断期間とは言え、残りのリーグ戦は半分を切ってます。

有意義な中断期間を送り、8月1日の与野八王子戦に向けて調整していきたいと思います。

Dsc_2271 そして、写真で気付いた方もいると思いますが、この日は練習着で試合を行ないました。

グラウンドが土でしかも硬く、ユニフォームが痛むと言う事、そしてこの日新調したばかりの練習着と言う事で折角だからと着用しました。

普段は皆バラバラのアップ着ですが、こうやって揃うと様になるものです。

Dsc_2339 前面には、選手の番号が入り、背中には今年のスポンサーさんが大きく入りました。

こういった練習着等が揃うのは、スポンサーさん、サプライヤーさんのおかげです。

選手達もここにプリントされた企業名が、多くの人達の目に入り、見てもらえる様に頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

Dsc_2265 そして、この日は当日になって来れないと言う選手が多く、チーム内のみならず、対戦していただける相手、越谷FCさんに迷惑になります。

今後、この様な事が無い様に、練習や試合以外での連携も強くしていきたいと思います。

そして、越谷FCの関係者の方々に深くお詫びいたします。

今後もよろしくお願いいたします。

今週末は、日曜日に尚美学園大学さんとの練習試合を予定してます。

時間等詳しい事が決まりましたらまたお知らせいたしますのでよろしくお願い致します。

7月11日練習試合

埼玉県立三郷工業技術高等学校グラウンド

越谷FC 3-2 アヴェントゥーラ川口

得点者

塚本浩史2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

セボジータス戦

Dsc_1837先日、県リーグ第11節セボジータス戦が、埼玉スタジアム2002公園第四グラウンドで行なわれました。

現在破竹の6連勝中とあって、この波に乗ってリーグ中断を迎えたい所。

でしたが、結果は1−4の大敗でした。

この日は、スタメンを若干変えスタートします。

しかし「試合の入り方が悪くて、全てが後手にまわってしまった。」と藤田選手が言うように、立ち上がりから守備も、攻撃もリズムを掴めません。

結局、ボランチでスタートした内田選手も、前半途中でCBに戻りますが、それでも狂ったリズムを取り戻すまでには行きませんでした。

「守備の意識が無さ過ぎた試合。」と内田選手が語る様に、全て守備からリズムが狂ったゲームでした。

まずはしっかりとした組織的な守備。

今まで、大量得点で勝っていた所の奢りが多少あったのかもしれません。

前半、2点を奪われて折り返します。

Dsc_2121 そして、後半塚本選手が得点し1−2の所でサポーターの後押しもあって、雰囲気が一変します。

前がかりになり、いつ得点をしてもおかしくない状況で、カウンターを喰らいまた突き放されてしまいます。

「簡単にカウンターをやらせてしまった、あの状況でDF2人で対応させてしまったのは考えなきゃいけない。」と飯沼選手。

この一点が勝負の分かれ目になってしまいました。

その後も諦めずにゴールを目指しますが、同じ様にカウンターを喰らい、4失点。

中断前に勝ちで終える事が出来ませんでした。

しかし、これまで積み重ねて来たものは失ってません。

また切り替えて、今回を教訓にし、練習を重ねて中断後頑張りたいと思いますのでご声援よろしくお願いいたします。

Dsc_2158 そして、この日はとても暑い中、多くの方々に「川口頑張れ!」とご声援を頂きました。

選手にとって、皆さんの声援は、プレーするエネルギーに変わります。

皆様の、熱い叱咤激励を胸に刻みつつ、次は良い勝利をお届けしたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします!

次節は月をまたいで、8月になります。

その間、練習試合等決まりましたらお知らせ致します。

県リーグ第11節

セボジータス 4-1 アヴェントゥーラ川口

ゴール

塚本浩史

次節

8月1日 東松山リコー埼玉県サッカー協会専用グラウンド 12:00キックオフ

vs 与野八王子クラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

西武台戦

まず、サーバーの障害により更新出来ませんでした。

心よりお詫び申し上げます。

先日、13日に東松山リコーグラウンドで、FC西武台との試合が行われました。

開幕戦同様、両チーム一人ずつ、二人の退場者出す荒れた試合内容でしたが、シーソーゲームを制し3-2で勝利しました。

「意地でやってやりました」と内田選手。

なんと、この試合の前に、別に一試合こなして来たと言うタフさ。

途中からでしたが、本来のボランチのポジションでプレーをし、「楽しかったです」と充実していたようです。

まず、塚本選手が19分にPKを獲得し、先制。

これで相手は一人退場し、11人対10人での勝負となります。

しかし、西武台は10人とは思えない程の怒濤の攻撃を仕掛けてきます。

23分に同点に追いつかれ、60分には逆転されてしまいます。

「正直一番しんどい時間帯だった」と選手達が言う様に相手の迫力に圧倒されてしまいました。

宮岡選手も相手の選手にひじが入ってしまい、退場。

10人対10人になってしまいます。

しかし、開幕戦で負けた悔しさを選手達は忘れてませんでした。

塚本選手がこの日2点目を取り、その後交代で入った田中選手がPKを誘い、それを飯沼選手が落ち着いて決めて勝負あり。

田中監督の采配もずばりでした。

西武台相手にこういった粘り強く戦え、勝てた事は今後に大きな糧になります。

来週は、中断前最後の公式戦。

前期、連携が噛み合ずに勝ちきれなかったセボジータスとの試合です。

今の状態ならば、勝てない相手ではありません。

今回の様に粘り強く戦えば結果は付いてくると思います。

来週の皆さんのご声援よろしくお願い致します。

県リーグ第10節

アヴェントゥーラ川口 3-2 FC西武台

得点者
塚本浩史2
飯沼洋介

次節
6月20日 13:00時キックオフ
セボジータス vs アヴェントゥーラ川口
埼玉スタジアム2002公園第四グラウンド

今回はカメラマンがお休みの為、写真はございません。
楽しみにして頂いている方々にお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

与野八王子クラブ戦

Dsc_1428今日は二週間ぶりの公式戦でした。

そして、唯一のGKである筒井選手が、仕事の都合でこの試合は不参戦と言う事で、GKは背番号5番、阿部選手でした。

試合中は、初めてとは思えないほどの落ち着いたプレーでしたが、「内心バクバクでした。」と緊張していたみたいです。

しかし、今日は見事に無失点!

次、急な出番でも大丈夫そうですね!?

Dsc_1726 試合は、前半3得点、後半3得点と、攻撃の手を緩めず6−0の完勝!

順位もようやく一つ上げる事ができました。

体調不良や、諸事情によりメンバーが揃わなかった中、こうしてしっかりと勝てた事はとても大きかったと思います。

「後半戦、上位をガツガツ喰って行きたい。」と内田選手。

この試合、後半戦への序章と言っても良いでしょう。

チームのまとまり、プレーの質の向上、上位を倒す楽しさをモチベーションにし、後半戦、戦い抜きます。

Dsc_1687 この日、MVPの塚本選手。

金子選手に負けじと、今年に掛ける意気込みが違います。

この日も2得点、1アシストと3点に絡む大活躍。

自身、今日で8ゴールとチーム得点王に。

日々身体のキレが良くなってます。

塚本選手の今後の活躍にもご期待下さい!

Dsc_1525 塚本選手の活躍の影で、今日2得点だった菊池選手。

いずれもセットプレーからのゴールでした。

「ヘディングが得意なので、セットプレーでは常に狙ってます。」と菊池選手。

高さのあるSBとして、サイドアタックはもちろん、セットプレーでの得点の幅が広がります。

セットプレーでのスペースに入り込む菊池選手の動きも注目です。

そして来週、すぐに後半戦のスタートです。

相手はシーズン開幕戦で敗れたFC西武台。

相手も調子が良く、一筋縄ではいかない試合ですが、勝利の為に最大限頑張りますので応援よろしくお願いします!

県リーグ第9節
アヴェントゥーラ川口 6-0 与野八王子クラブ

得点者
塚本浩史2
菊池陽大2
金子靖士1
飯沼洋介1

次節カード
県リーグ第10節 15:00キックオフ 東松山リコー埼玉県サッカー協会専用グラウンド
vs FC西武台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

パイオニア川越戦

Dsc_0786



昨日、埼玉スタジアム2002公園第四グラウンドで、県リ−グ第7節パイオニア川越戦が行われました。

朝8:05キックオフと言う早い時間でしたが、多くの方の応援ありがとうございました。

試合は序盤、均衡した緊張感のある立ち上がり。

お互い、フィニッシュまで持って行くものの、なかなかゴールを決める事が出来ません。

前半37分、中央で藤田選手が右サイドの飯沼選手へ。

そこから飯沼選手のアーリークロスに金子選手と塚本選手が飛び込みます。

そして金子選手の頭に合い、ボールは吸い込まれる様にゴールマウスに入り、先制します。

Dsc_0885



なんと金子選手、元々CBの選手でありながら、第4節からFWを任され、この4試合でなんと7得点の大当たりです。

周囲も驚きを隠せませんが、一番驚いているのは本人ではないでしょうか(笑)

そして、もう一人塚本選手も負けじと、後半開始早々にゴールを決めて(今期6得点目)早くも突き放します。

その後も攻めますが、追加点は奪えず。

2点を守りきり、パイオニア川越に2-0で勝利しました。

Dsc_1170



これでチームは4連勝!

そして、何よりも課題である守備の面で、2試合連続で無失点です。

Dsc_1076



「今日は、早朝の試合・チーム状況から難しい試合となりましたが、チームが上手く機能し、いい時間帯で点が取れたので良かった。ディ
フェンス的にも、2試合完封と自信もついてきたと思うので、今後もどんどん上位を食っていきたい。」と内田選手。

強豪パイオニア川越相手にも無失点で終えられたのは、選手達にとって大きな自信になるのではないでしょうか?

これを糧に勝利を積み上げて行きますので、ご声援よろしくお願いいたします。

県リーグ第7節
アヴェントゥーラ川口 2-0 パイオニア川越
得点
37分 金子靖士
47分 塚本浩史


この試合の各選手のコメントはまとまり次第随時アップして行くのでお楽しみに!

来週はリーグ戦はお休みです。

30日もアヴェントゥーラ川口は試合はありませんので、次は6月6日の14時埼玉スタジアム2002公園第四グラウンドにて与野八王子クラブとの試合です。

この間、練習試合等決まりましたら、またお知らせ致しますので、ご声援よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)